スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆院議長不信任決議案を否決(産経新聞)

 衆院は25日夕の本会議で、自民党が提出した横路孝弘議長に対する不信任決議案を与党などの反対多数で否決した。

<災害伝言板>携帯用 5社横断で利用できるように改善(毎日新聞)
感染経路は特定できず=愛知の鳥インフル(時事通信)
平野官房長官「長崎県知事選に政治とカネ影響あった」(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>ハゼの世界展鑑賞 国立科学博物館で(毎日新聞)
「夜間無人で意外に金ある」幼保専門ドロ逮捕(読売新聞)
スポンサーサイト

また「撮り鉄」?お座敷列車止める…滋賀(読売新聞)

 20日午後5時頃、滋賀県草津市のJR東海道線草津―南草津間で、フェンス(高さ1・8メートル)内の線路脇に不審な人がいるのを、通りがかった網干発米原行き快速電車に乗っていたJR西日本の社員が気づき、運転士に知らせた。

 電車は約100メートル通り過ぎて停止したが、不審者はすぐに立ち去ったという。同社によると、同時刻ごろ、お座敷列車「あすか」を連結した回送の団体臨時列車が通過する予定だったといい、電車の写真撮影を趣味とする「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンが線路敷地内に入ったとみられる。

 安全確認のため、快速電車が約6分間、現場で停止し、特急など上下6本が6~11分遅れ、約3500人に影響が出た。

 あすかはこの日、「草津線全線開通120年」を記念したイベントで、草津―柘植(つげ)(三重県)間を往復。草津駅で乗客を降ろし、京都方面に回送されることになっていた。

 あすかは運行回数が少ないため、鉄道ファンの人気が高い。14日にも大阪府柏原市のJR関西線で、鉄道ファンが線路敷地内に立ち入り、ダイヤが乱れるトラブルがあったばかりだった。

<春一番>北陸各地で風速10超す 09年より9日遅く(毎日新聞)
<与謝野元財務相>債務残高増大、民主党も責任取って(毎日新聞)
福岡地下鉄「キャナル経由」新ルートで延伸 天神南→博多(産経新聞)
<ひき逃げ容疑>23歳男を逮捕 岐阜・羽島で82歳死亡(毎日新聞)
<自民党>「予算案」に消費税上げ明示せず(毎日新聞)

<着服容疑>岡崎信金の元支店次長を詐欺容疑で逮捕(毎日新聞)

 顧客の預金を着服したとして、愛知県警捜査2課と岡崎署は24日、岡崎信用金庫(本店・愛知県岡崎市)の元刈谷日高支店渉外次長、橋本佳明容疑者(43)=同県幸田町菱池欠間=を詐欺容疑で逮捕した。岡崎信金も同日、橋本容疑者が00年9月~09年11月に計3542万円を着服した疑いがあると発表した。

 逮捕容疑は、04年7月13日ごろ、名古屋市西区の同信金小田井支店で、橋本容疑者が男性客の依頼を装い、支店担当者に払戻請求書や預金通帳を提出、男性の預金100万円を引き出して着服したとされる。「車を買う費用に充てた」などと容疑を認めているという。当時、同支店係長で営業を担当、顧客に投資信託などを勧めて通帳を預かり、投信購入手続きをせず着服していたという。岡崎信金は今年1月29日に橋本容疑者を懲戒解雇した。

 ◇別の元支店長も3000万円を着服

 この事件とは別に、岡崎信金は24日、元男性支店長(55)が、顧客の預金約3000万円を着服していた、と発表した。元支店長は、内部調査を受けた翌日の09年12月8日、名古屋市内の自宅で自殺した。

 信金によると、元支店長は、名古屋市内の自営業の男性顧客から預金通帳を預かっていた。

 顧客から出金を依頼されると、顧客の指定額以外の払戻請求書にも押印を求める手口で預金を引き出していた。

 着服した期間は92年1月~09年12月で、飲食費や借金の返済に充てていたという。

 岡崎信金の大林市郎理事長は「心からおわびする」と陳謝した。【秋山信一、中村宰和】

【関連ニュース】
家裁怠慢訴訟:原告の主張認め国に賠償を命令 東京地裁
元事務員横領容疑:06年度以前の書類不明 毀棄の疑いも
学校資金横領容疑:元事務員2人逮捕、偽造領収書で 愛知
着服容疑:ソニー銀元行員が預金3700万円を
神奈川歯科大詐欺:元理事の被告 一部無罪主張 初公判で

公共施設の全面禁煙通知へ=飲食店や娯楽施設も-厚労省(時事通信)
大阪市の生活保護20人に1人、転入が後絶たず(読売新聞)
<火災>民家全焼2人死亡 埼玉・富士見(毎日新聞)
<雪>関東甲信で降雪 都心でも積雪(毎日新聞)
なぜ真冬に刺す蚊がいるの? 産卵期の雌だけじゃ…(産経新聞)

<住宅全焼>2人死亡…父と26歳長女か 埼玉・越谷(毎日新聞)

 21日午後1時ごろ、埼玉県越谷市大沢1、自営業、大山泰弘さん(57)方から出火、木造2階建て約185平方メートルを全焼した。焼け跡から性別不明の2人の遺体が見つかった。県警越谷署は連絡が取れていない大山さんと長女純世さん(26)の可能性があるとみて遺体の身元確認を急いでいる。

 同署によると、大山さん方は3人暮らし。出火当時、大山さんは同居の母親(80)と自宅の東隣で経営するうなぎ料理店にいた。近所の人が火災を知らせにきたため、大山さんが自宅に向かった。純世さんは風邪のため2階の部屋で寝ていたという。【久保玲】

【関連ニュース】
火災:高校生が4歳児救出 排水管から2階へ
火災:マンション1室焼き4人死傷 仙台
火災:民家全焼2人死亡 埼玉・富士見
火災:住宅の一室焼け、女性死亡 大阪・西成
アパート火災:押し入れ付近からライター 東京で2児死亡

立ち退き求められ自殺か=80代姉妹? 民家庭に焼死体-大阪(時事通信)
<受動喫煙防止>百貨店なども原則全面禁煙 厚労省通知へ(毎日新聞)
検察「窃盗」弁護側「横領」真っ向対立、鯨肉裁判(読売新聞)
税制法案が審議入り=自公反発も本会議出席-衆院(時事通信)
<雑記帳>福岡で“逆”就職説明会(毎日新聞)

トラックが追突、パトカー炎上し警察官重傷 岡山の山陽道(産経新聞)

 15日午前2時40分ごろ、岡山市北区牟佐の山陽自動車道の下り線トンネル内で、停車中のパトカーにトラックが追突。パトカーとトラックが炎上し、パトカーの助手席にいた岡山県警高速隊の男性巡査部長(45)が鎖骨の骨を折るなどの重傷、現場に駆けつけた同隊員も煙を吸い軽いけがを負った。

 同隊はトラックを運転していた熊本県植木町の「熊本丸善海陸運輸」運転手、矢野輝雄容疑者(46)=同県南関町=を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。

 県警によると、パトカーは燃料切れで停車中の車両を調べるために現場に駆けつけていた。事故のため、同自動車道は岡山IC~山陽IC間が上下線とも一時、通行止めとなった。

【関連記事】
ブラジル人少年、飲酒した友人に車貸す パトカーに追突
パトカーに追突、逃走 岐阜でブラジル人を逮捕 
不審車、女性はねる? パトカー振り切り逃走中 大阪
職質振り切り逃走中に追突 ひき逃げ容疑で捜査 兵庫・尼崎
飲酒運転調べ中のパトカーに「居眠り」トレーラー追突

<火災>住宅の一室焼け、女性死亡 大阪・西成(毎日新聞)
静岡県が社福法人に業務改善命令へ、役員に解職勧告も(医療介護CBニュース)
<裁判員裁判>初の「区分審理」決定…大阪地裁(毎日新聞)
<水戸女性死亡>自宅のこたつで73歳窒息死 事件性を捜査(毎日新聞)
派遣法改正案を諮問、名称・目的に「保護」付く(読売新聞)

オウム新実被告の死刑確定(産経新聞)

 地下鉄サリン事件や坂本堤弁護士一家殺害事件などで殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けて、上告を棄却された元オウム真理教幹部、新実智光被告(45)の判決訂正の申し立てについて、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は、棄却する決定をした。死刑が確定した。決定は16日付。

【関連記事】
原田美枝子主演、地下鉄サリン事件ドラマ化
金沢のオウム施設立ち入り 公安調査庁
元オウム真理教幹部、新実被告の死刑確定へ
オウム井上被告の死刑確定
警察庁長官銃撃 オウム元幹部らの書類送検検討

大阪府予算が過去最大に 一般会計3兆9200億円(産経新聞)
「全く存じ上げない」=北海道教組の資金提供-小林議員(時事通信)
小林議員側「裏金」疑惑 組織的癒着にメス 「火のないところに煙は立たない」(産経新聞)
次期改定は「チーム医療への評価の第一歩」(医療介護CBニュース)
鉄道マニアが電車止める(スポーツ報知)

警察署内で拳銃奪い発射=警察官が腕にけが-殺人未遂容疑で男逮捕・警視庁(時事通信)

 警視庁玉川署内で、警察官から拳銃を奪い、2発を発射したとして、同署は13日、殺人未遂容疑で、住所不定、無職福盛一也容疑者(43)を現行犯逮捕した。同署によると、警察官は左腕にけがを負ったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
自殺の容疑者を書類送検=離婚めぐり夫婦間で対立
手製拳銃4丁隠し持つ=「西部劇ファン」の男逮捕
通信傍受で33人逮捕=09年国会報告
ハイチへPKO派遣決定=陸自第1陣、6日に出発

<相武紗季さん>運転中追突事故 東京・品川で(毎日新聞)
証券優遇税制、見直しへ議論=鳩山首相(時事通信)
<集団密航助長>元NPO理事長に逆転無罪…ほう助のみ有罪(毎日新聞)
<異物混入>1月以降連続5件 埼玉のスーパー「マルエツ」(毎日新聞)
舛添氏と4月に旗揚げ? 鳩山弟の新党構想(J-CASTニュース)

【党首討論詳報】(5) 谷垣氏「小沢氏の証人喚問を」(産経新聞)

 谷垣氏「まあ、この、国会で決めることだと。あるいはご本人が決めることだというんでは、総理がどういう、この問題にイニシアチブを発揮されようとしているのかはっきりしません。しかし、自分がお話になる用意もあると、こういうようにおっしゃいましたんで、以後これをどう実行されるか、われわれはよく、拝見したいと思います。それで1つ、それでは次の問題に移ります。民主党のですね、小林千代美(衆院)議員の陣営の労働組合幹部が運動員買収の容疑で懲役2年の判決。懲役2年。そして執行猶予3年。こういう判決が出ました。また、報道によりますと、日教組(日本教職員組合)の下部組織である北海道の教職員組合から、小林陣営に1600万円もの裏の選挙資金が渡っていたという報道もございます。今までもですね、平成15年度に宮城県における選挙買収とか、それから輿石(東)先生、そこにおられますが、輿石民主党幹事長(職務)代行の支援組織である山梨県教組の政治資金規正法違反など、労働組合の違反行為が繰り返されてきたということはわれわれはっきり記憶しているところでございます。これ、まずですね、末端の組合員に犠牲者を出さないために、民主党としてきちっと労働組合に指示を徹底させるお気持ちはございますか」

 首相「これは、今、この事件が起きて、捜査が進められているところでございますので、この捜査の進展を見守ってまいりたいと思っておりますが、私はやはり、こういう問題の根源はですね、こういった団体、あるいは企業からの献金、政党とか、あるいは本来ならば、個人には献金はすでにできない話になっております。それが、もし行われているとすれば大変大きな問題であることは間違いありません。したがいまして、民主党としては、やはりこの問題をこれから、未然にこのようなことが起きないようにしていくためには、企業団体献金を、政党も含めてすべて全面的に禁止をしなければならないと、そのように考えております。そのようなことをやはり、今こそ実現のときが、必要なときがきたのではないかと、むしろそのように思っておりまして、ぜひ、自民党の谷垣総裁にも企業団体献金の禁止に向けてご努力をお願い申しあげたい。そのことを申しあげておきます」

 谷垣氏「やや問題をすり替えておられるように思いますね。あの、私ここでね、あのー、1つ、総理に、あのー、提案をしたいと思うんですよ。労組のカネはこれ、非課税とされているわけですね。で、その資金は国民に明らかにされずに、今度の事件でも使われていたということでございます。そうしますとね、労組の政治資金について、収支報告書の制度等を設けて、そこの政治資金の透明性を図るべきだと私は考えますが、その点についてはいかがお考えでしょうか」

 首相「そういう議論は当然必要だと思いますので、大いに議論をして結論を生み出していくテーマではないかと、そのように思います」

 谷垣氏「今、総理から議論を進めるべきだという話がありました。ぜひともそういう方向で御党においても議論を進めていただきたいと思います。それからもう1つ、原資となっている組合費が給与天引きになっている点についてもご検討をいただきたいと存じますがいかがでしょうか」

 首相「そういうことは前から議論がある話だと思います。組合員の1人、1人が本来自分の意思で行うべき問題ではないかと、そのようには考えておりますが、それをどのようにしてまとめていくかと。全員の意思であるかどうかというものの確認というものが必要ではないかと、そのように考えております」

 谷垣氏「まあ、こういう景気や何か議論しなきゃならないときにですね、政治とカネのこういう問題がたくさん。そこでですね、私は、この最後に今、この政治とカネをめぐる問題、きょうはここで締めくくりますが、最後に1つ申しあげたいことがあるんです。要するにですね、しっかりした説明責任を果たそうという気持ちが今までおありのようには思えなかった。自民党としてはですね、やはり予算審議をしなきゃいけませんが、その採決の前提として、総理の問題について総理の勝場(啓二・元)秘書、それから六幸紹介の小野寺(重穂)社長、それから鳩山会館の川手正一郎氏、こういった関係者の証人喚問を求めたいと思います。それから小沢(一郎・民主党)幹事長問題についてもご本人が早急に証人喚問に応じていただきたい。このように申しあげて、とりあえず、次の問題に移ります」

 「それで予算審議でありますが、あの、予算でありますが、私はおおむね5つの問題点があると、このように思っております。まずですね、財政の中期展望、財政をどう維持していくかという責任を示していくのが見あたらないというのが1つです。それから2番目、恒久施策に対応する恒久財源が用意されてないではないかということが第2点であります。それから第3点は、デフレ宣言をされましたけど、それに対する具体策がない。こういうことであります。第4点は成長戦略ですね、これは予算編成後に作られた。予算にはこの成長戦略は反映されていない単なる作文である。こういうことであります。それから5番目。5番目は、これは暫定税率等を含めて、数々のマニフェスト(政権公約)違反がある。こういうことが問題だと思っております。これを順次議論してまいりたいと思いますが、まず第1にですね、総理にうかがいたいこと。この、きのうの税法の審議でも議論がありましたけども、総理は、まず徹底的に無駄を省くということを第1にすべきであって、そして消費税については4年間、これをやらない。こういうふうに今まで何度も言明をされておりました。今も基本的なお考えはそうであると。こういう理解でよろしいでしょうか」

 首相「政治とカネの話で、先ほど企業団体献金の禁止に対して谷垣総裁のお気持ちを尋ねたところでありますが、ご返答がなかったのは残念でございますが、ぜひ、前向きにご検討をいただきたいと、重ねてそのことを申しあげておきます。さて、この民主党に対して、いろいろとこの財政の話を含めて疑問があるという話がございました。恒久財源という話の中で、消費税という議論であろうかと思います。私がなぜ、最初、消費税というものの、議論もまだ早すぎるということを申しあげたかといえば、やはり先ほど谷垣総裁からもお話がございましたように、今までの政権では、あまりにも無駄遣いが多すぎたと。ここを徹底的にやはり無駄遣いをなくす、スリムな日本の予算というものを作り上げていかなければならないという発想でございました。それが中途半端な中で、この、いわゆる恒久財源、消費税の議論に入りこみますと、それが途中で、まあ増税が、こう、できればいいじゃないかという話になると、スリムな筋肉質な体系になかなかならない予算にとどまってしまう可能性がある。そこで私は、やはり消費税の議論というものは早すぎる。したがって、私が政権を担うべき4年間の間は消費税の増税はしないということを申しあげてきたつもりでございますし、そこのところを変えるつもりは毛頭ありません」

【関連記事】
党首討論で谷垣氏「首相は平成の脱税王」
首相「小沢幹事長に責任を申し上げるつもりない」
「窓口で確定申告したことはない」鳩山首相
実母へのカネ無心疑惑「全くの作り話だ」と首相が改めて反論
資金提供問題、実母には改めて聞かないと鳩山首相

<網走監獄>設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)
「のど治らず麻薬」詩音被告、入手先言えない(読売新聞)
小沢氏処分、検審へ 民意で起訴の可能性 鳩山首相も審査中(産経新聞)
井上梅次氏死去(映画監督)(時事通信)
<山岳遭難>山スキーの4人を発見、下山へ 長野・栂池高原(毎日新聞)

千葉の光洋会が民事再生手続き開始決定(医療介護CBニュース)

 今年1月に民事再生法の適用を申請した千葉県南房総市の医療法人光洋会(宗像克治理事長)が、2月2日付で千葉地裁から民事再生手続きの開始決定を受けていたことが分かった。再生債権の届け出期間は3月5日までで、再生債権の一般調査期間は4月23-30日。

 光洋会は、精神神経科、内科を手掛ける「三芳病院」や一般内科、リハビリテーション科などの「みよしクリニック」などを南房総市内で経営。2005年4月にさいたま市の医療法人社団双樹会の傘下に入ったが、今年1月に双樹会が自己破産申請を視野に債務整理に着手したため、これに連鎖する形となった。
 帝国データバンクによると、負債総額は約21億2000万円。


【関連記事】
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖
さいたまの双樹会が一時休診へ、入院患者は16日めどに転院
「日本複合医療施設」が破産手続き開始
今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新
有床診療所経営の茨城の法人に破産手続き開始決定

入院・休校とも減少続く―インフルエンザ(医療介護CBニュース)
<夫婦同日逮捕>窃盗と横領、別容疑で 宮城県警(毎日新聞)
西武新宿線で運転見合わせ 作業用列車とトラック接触(産経新聞)
前福岡副知事、ホステスへのプレゼント要求(読売新聞)
【十字路】車いすでちんどんビジネス(産経新聞)

【土・日曜日に書く】ワシントン支局長・佐々木類 首相、腹くくって明確な発信を(産経新聞)

 ≪日米、猿沢池の歌にも似て≫

 手をうてば 鯉は餌(え)と聞き 鳥は逃げ 女中は茶と聞く 猿沢池(さるさわのいけ)

 千手観音菩薩(ぼさつ)立像などの国宝で知られる奈良市の法相宗興福寺の高僧、多川俊映(たがわしゅんえい)師の著書「唯識十章」(春秋社)に、こんな短歌がある。手をパンパンたたくと、猿沢池に住む鯉は餌だと思って音の方に近寄り、庭の木々に止まる鳥は発砲音だと勘違いして飛び立つ。お手伝いさんは主人(あるじ)にお茶を出すよう指示されたと受け止める。手をたたいただけなのに、その音を聞く者によって、受け止め方は千差万別だという教えだ。

 歴史的な大雪で交通網が完全に麻痺(まひ)し、連邦政府機関が早々と休日を決め込んだ2月の週明け。静まりかえったワシントン中心部の雪景色を部屋の窓から眺めていてふと、脳裏をよぎったのが先の短歌だ。鯉や鳥なら受け止め方が千差万別でもいいかもしれないが、それが国と国との場合で意思が正確に伝わらなければ互いの将来に大きな禍根を残す。

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題で、鳩山由紀夫首相はオバマ大統領に、「トラスト・ミー(私を信じてくれ)」と言い、米政府は「ペイシェント(忍耐)だ」(ゲーツ国防長官)と応じている。まさに、太平洋という大きな猿沢池での出来事そのものだと思った。鳩山首相はオバマ大統領に何を信じてくれと言い、ゲーツ国防長官は何を我慢すると言ったのだろうか。

 ≪OZAWAの独裁国家?≫

 何をどう書いても、ネットの世界では匿名でかみつかれるのがオチなのだが、日ごろ日米の政府関係者や党関係者に取材している立場からいえば、小沢一郎民主党幹事長の傀儡(かいらい)といわれる中で、鳩山首相が自分の指導力をアピールしたくて口走ったのがくだんの発言で、「移設問題の処方箋(せん)は何もなく、首相自身頭を抱えているのではないか」(外務省事務次官経験者)という見方に一票を投じたくなる。

 米側は米側で、「我慢するのは鳩山首相が決断の期限を切った5月まで。日米両政府が合意したキャンプ・シュワブ沖(名護市辺野古)という移設先の変更まで我慢するといった覚えはない」(米国防総省筋)ということになる。

 普天間問題のカギを握るとみられる小沢氏だが、ワシントン・ポストなど米紙は「KINGPIN(親玉)」「POWER BROKER(政界の黒幕)」という枕ことばをつけて報じている。先進民主国家を自任する日本にとって、暗黒社会や未開地域ではあるまいに、国際社会に与える印象は計り知れないほどマイナスだ。

 話はやや脱線するが、先日、国務省の記者会見場で隣に座ったロシア人記者に、日本は“OZAWAの独裁国家”かというふうなことを聞かれた。同じ日本人としてそれはそれで不愉快なものだ。小沢氏個人の評価というよりも、日本の政治を揶揄(やゆ)されたような気がするからだ。

 「プーチン首相は何なのよ。名前は子犬みたいでかわいいけどメドベージェフ大統領とどちらが力を持っているの?」と、聞き返した。何かと縁の深い鳩山首相はどうお思いか知らないが、せいぜいが“疑似民主国家”の記者に言われる覚えはないと思ったものだ。ちなみに、くだんのロシア人記者はひざをたたいて笑っていた。

 ≪鳩山外交への3つ不信感≫

 その小沢氏だが、8日の記者会見で「政策的な議論は政府がやること。私が訪米するとすれば、友好親善の目的ということだ」と言う。普天間問題で言質をとられないよう予防線を張っているかのようだ。先の来日で小沢氏と会談したキャンベル国務次官補が小沢氏の渡米を要請したのは、政策意思決定の中枢がどこにあるかをきちんと踏まえた上での対応だ。

 現在、オバマ政権には根っこの部分で小沢氏をはじめ鳩山政権の外交スタンスそのものへの不信感がある。(1)日米中の正三角形論(2)米国抜きの東アジア共同体構想(3)常時駐留なき対等な日米関係-の3点である。5月の大型連休にも訪米するとみられる小沢氏に対し、米側はこの3点について率直な見解を聞き出したい意向だ。

 今、米政府高官の元には「軽々しく日本から(駐留米軍が)出て行くとは言わないでほしい」という声が、台湾や東南アジア諸国から寄せられているという。フィリピンから米軍が撤退した後の地域のパワーバランスが崩れ、南シナ海で中国の内海化が進んでいることをよく知っているからだろう。

 基地の固定化か、辺野古への移転か。政治のリアリズムに徹していえば選択肢は限られている。枝から音をたてて崩れ落ちる雪を見ながら、鳩山首相は一刻も早く腹をくくって明確なメッセージを発信すべきだ、と思った。(ささき るい)

<表皮水疱症>患者団体が負担軽減など求め意見書(毎日新聞)
資格ないのに交通事故示談交渉 弁護士法違反容疑で行政書士逮捕(産経新聞)
2010年度診療報酬改定のポイント(3)(医療介護CBニュース)
赤旗vs日刊ゲンダイ 小沢疑惑報道で「場外乱闘」(J-CASTニュース)
「時効廃止」案取りまとめ 法制審部会、月内にも総会で議論(産経新聞)

「自分もたたかれ育った」=小1男児暴行死で父親-警視庁(時事通信)

 東京都江戸川区で先月、区立松本小1年の岡本海渡君(7)が暴行を受けて死亡した事件で、父親の健二容疑者(31)が暴行の理由について「しつけのためで、自分も子供のころ、父親にたたかれて育てられた」と供述していることが12日、警視庁小岩署への取材で分かった。
 同署によると、母親の千草容疑者(22)は「自分も平手で数回たたいたが、夫は顔を平手でたたいたり、太ももを足で踏み付けたりするなどしていた」と供述しているという。
 同署は海渡君が正座させられたまま、約1時間にわたり、十数回以上の暴行や説教を繰り返し受けたとみている。 

開府400年 記念展に荒俣宏さん 名古屋(毎日新聞)
見えぬタンス預金、「ゼロ」が半数…衆院資産公開(読売新聞)
<核密約調査>岡田外相「3月に結果」(毎日新聞)
【1都4県週刊知事】千葉 森田健作知事 初の予算編成及第点(産経新聞)
<公務執行妨害>警官殴った疑い…58歳主婦逮捕 埼玉県警(毎日新聞)

毎日新聞社長らを書類送付 飯島勲元秘書官をめぐる名誉棄損 警視庁(産経新聞)

 小泉純一郎元首相の秘書官を務めた飯島勲氏の誤った発言内容を掲載し、名誉を傷つけたとして、警視庁麹町署は8日、名誉棄損の疑いで、毎日新聞社の朝比奈豊社長と当時の政治部長、担当記者の3人について、捜査結果の書類を東京地検に送付した。刑事訴訟法では、警察が告訴状を受理した場合、容疑性の有無にかかわらず、検察官に捜査書類を送ることになっている。

 捜査関係者によると、平成20年9月26日付の同社朝刊に掲載された小泉元首相の引退表明に関する記事中、飯島氏が「次期衆院選で小泉氏が応援しても小泉チルドレンは負けるだろう」と周辺に語ったとする誤った談話を掲載したとして、飯島氏が同年10月、同容疑などで警視庁に告訴していた。 毎日新聞は翌27日、「引退表明の数日前の談話を誤って引用した」として、談話部分の取り消しを発表していた。

 毎日新聞社社長室広報担当の話 「告訴を受けた警察は、その内容にかかわらず証拠などを検察官に送付すると規定されており、本社は今回の件が罪に問われるとは考えておりません」

【関連記事】
毎日新聞に100万円賠償命令 小泉元首相秘書官発言の報道で
ブログOK ネット選挙運動解禁素案が判明
報道用資料の記述は名誉棄損 角川側が勝訴
大相撲八百長訴訟 2審は賠償額を減額
講談社の賠償額を増額 貴乃花親方への名誉棄損控訴審

スノーボード授業 北海道初 札幌の小学校(毎日新聞)
山口組総本部を捜索=住吉会系幹部射殺で埼玉県警(時事通信)
<自民党>参院選めぐり17県連が公募実施…10人決定(毎日新聞)
11年前の殺人、4人逮捕=別の強殺事件で起訴の男ら-宮城県警(時事通信)
がんの悩み共有 「がん患者・家族会」13日発足(産経新聞)

年金保険料流用で紛糾=自民、「公約違反」と追及-予算委(時事通信)

 自民党が9日の衆院予算委員会で、2010年度予算案で社会保険事業運営費の一部に年金保険料が充当されているのは、「保険料の流用禁止」をうたった民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に違反していると追及、審議がたびたび中断する場面があった。
 予算案では、年金手帳作成などの事務的経費である社会保険事業運営費4475億円のうち、年金保険料から2046億円が充てられている。自民党の大村秀章前厚生労働副大臣は、民主党が「年金保険料は年金給付だけに充当することを法律で定める」と公約に明記したことに触れ、長妻昭厚労相らに整合性をただした。
 厚労相は流用を認めた上で、「初年度で実現できないのは遺憾だが、4年間で努力していく」と苦しい答弁に終始。鳩山由紀夫首相も「(公約では最初の)1年で実施する事業は、そう書いてある。年金保険料の流用禁止はそれ以外だ」と説明したが、大村氏は「公約には『4年間で』とは書いていない。明らかに違反だ」と反発した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏「これ以上の説明はない」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

平均3104万円、前回比4割減=トップは首相、2位は邦夫氏-衆院議員資産公開(時事通信)
<漁船銃撃>船長2人10日逮捕 位置情報の通信切断の疑い(毎日新聞)
<自殺>山形の市議、前日に県警聴取(毎日新聞)
「妊娠、中絶させた」振り込め詐欺で被害500万円 さいたま(産経新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷】最終弁論要旨「人間性を失っていない」(産経新聞)

11年前の殺人、4人逮捕=別の強殺事件で起訴の男ら-宮城県警(時事通信)

 風俗店経営者に対する強盗殺人罪などで起訴された男らが、11年前にも別の男性を殺害したとして、宮城県警暴力団対策課などは10日、殺人容疑で無職笹本智之(35)、会社役員菅田伸也(31)両容疑者を再逮捕、福島市野田町、会社員山田純也容疑者(31)、仙台市青葉区の衣料品会社役員(30)=事件当時19歳=を逮捕した。
 県警によると、笹本容疑者は容疑を認め、菅田容疑者ら3人は否認しているという。
 逮捕容疑では、4人は共謀し、1999年1月31日、東京都中野区のアパートで、笹本容疑者の知人だった新宿区大久保の打田篤司さん=当時(31)=の首を絞めるなどして殺害した疑い。
 打田さんの遺体は昨年、仙台市太白区の山中で白骨化した状態で見つかった。県警は、打田さんと笹本容疑者の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
強盗殺人容疑などで再逮捕へ=千葉大生殺害、来週にも
連続路上強盗で懲役6年6月=大阪地裁の裁判員判決
放火容疑で27歳女逮捕=「給料が安くいらいら」
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張

<不正経理>農水省で427件 契約1億円 04~08年度(毎日新聞)
航空機座席の検査記録ねつ造=小糸工業に業務改善勧告-国交省(時事通信)
iPodで盗撮、堺市職員を現行犯逮捕(産経新聞)
<水門談合>8社に損害金6億3000万円を請求 農水省(毎日新聞)
<衆院予算委>鳩山首相、政治とカネ問題「根を絶つ」(毎日新聞)

逮捕の容疑者、弟の名かたる…釈放し逮捕し直す(読売新聞)

 長野県警大町署は9日、窃盗容疑で8日に逮捕した男が、弟(20)の名前をかたっていたことがわかったため、男をいったん釈放して同容疑で逮捕しなおしたと発表した。

 発表によると、男は白馬村、飲食店アルバイト渡辺海容疑者(23)。同署は8日夜、白馬村役場駐車場にとめてあった乗用車のタイヤ4本(計約6万円相当)を盗んだとして、渡辺容疑者を緊急逮捕し発表したが、9日朝になって弟の名前や生年月日をかたっていたことが判明。本名記載の逮捕状を取った上で、渡辺容疑者を署内で一度釈放し、同容疑で通常逮捕したという。

 県警捜査3課は「身分を確認できる所持品がなかった。今後は気をつけたい」としている。

狛江駅前排気塔に巨大絵手紙 東京(産経新聞)
<機能性胃腸症>異常がないのに続く胃の不調、心理面との関係も深い(毎日新聞)
大型トレーラーとタンクローリーが正面衝突、2人重軽傷 宇都宮市(産経新聞)
火災 給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)
トキの雌、再び佐渡へ 雄のねぐら近くに飛来 繁殖期待(産経新聞)

<節分>風呂敷や袋で福豆キャッチ 名古屋・大須観音(毎日新聞)

 名古屋市中区の大須観音で3日、恒例の節分会があり、2トン近い福豆がまかれた。鬼面を寺宝とする大須観音での掛け声は「福は内、福は内」が習わし。午前10時から、福豆を買った人々が次々と高さ3メートルの特設ステージに上って豆をまき、境内は風呂敷や袋を広げ、豆を受け止めようとする人たちでにぎわった。【山田一晶】

【関連ニュース】
巻きずし商標権:イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決
節分:「福は内、福は内」成田山新勝寺 朝青龍は欠席
節分:「福は内」園児350人が豆まき 東京・浅草寺
野口聡一さん:鬼は地球の外?…チョコで宇宙の「豆まき」
通天閣:恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事

火災 給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴(産経新聞)
同盟深化、具体策を議論=普天間は平行線-日米(時事通信)
<インサイダー取引>GWG子会社元会長に実刑判決(毎日新聞)
広域連合協議 「議員1人以上」主張 福岡贈収賄 逮捕の町村会前局長(産経新聞)

雅子さまご体調「医師団見解」全文(下)(産経新聞)

 (ロ) 妃殿下をお支えする方々には、今後のご活動の適正な配分に関しても慎重にご検討いただきたいと考えております。妃殿下は、何事にも心を込めて取り組んでいらっしゃいました。ご公務はもちろん、育児などご家庭内のことや、東宮御所内でのお仕事など、なさらないといけないことが沢山(たくさん)おありになるなかで、できるだけ多くの要請に応えようとして、お疲れを表に出さずに無理をされる場面が少なからず見受けられます。しかも、こうしたご活動を複合的に行われることは、現在の妃殿下のご体調ではご負担の大きいものです。従いまして、今後は、こうしたご活動を適正に配分してご負担を軽減していただくことが、さらなるご快復のために重要になってくると考えております。 

  [フォト] 2年ぶり地方ご訪問 雅子さま、笑顔でお応えに

 (ハ)まずご公務ですが、妃殿下は、ご公務への復帰にむけて今後とも努力されることになると思います。その際に、ご快復が進むにつれてご公務を行われることへの期待もより大きくなるものと考えられますが、それが妃殿下にとって過分のご負担とならないような配慮が必要です。また、ライフワークとなり得るご活動を行われることは、大きな自信につながるものであり、心の健康を保つためにも重要なものですが、そうしたご活動を見つけていかれるためには十分な余裕と時間が必要です。従いまして、今後は、十分に時間をかけながらライフワークにつながる可能性のあるご活動を見つけられることにも力を注いでいただきたいと考えております。

 (ニ) 妃殿下の海外へのお出かけに関して若干触れておきたいと思います。東宮職医師団としましては、公式の日程がお続きになる海外公式ご訪問は、妃殿下にはご負担が大き過ぎると考えております。従いまして、将来的に海外ご訪問をご検討いただく場合には、ご負担が少なく期間も長くない私的なご訪問をまず検討していただくことが望ましく、ご治療の面からも効果的であると考えております。

 (ホ) 妃殿下には、育児を中心としたご家庭の中の役割も重要です。妃殿下はご家庭をことのほか大切に考えられ、皇太子殿下や愛子内親王殿下とご一緒の時間を大切になさっていらっしゃいます。また、皇太子殿下が安心してご公務に励まれるように、そして愛子内親王殿下が健やかに育たれるように、いわば裏方としてずいぶん多くの時間を使っていらっしゃいます。皇太子殿下のお仕事のお手伝いや育児のご相談、愛子内親王殿下の学校行事や勉強のお手伝い、三殿下での団欒(だんらん)などの家庭的なご活動は皇太子殿下、愛子内親王殿下にとりましてもとても大きな意味を持つもので、これからもぜひ大切にしていっていただきたいと考えております。

 (ヘ) 愛子内親王殿下のご成長やお友達との交流の広がりをご覧になることは、妃殿下にとって喜びであるとともに、心の癒やしにもなっています。これまで東宮御所内やこどもの城、さらには学習院幼稚園や初等科での愛子内親王殿下のご活動やお友達との交流の広がりは、愛子内親王殿下の成長に大きな助けとなってきました。そして、それを見守り手助けされることが妃殿下のお心の支えになってきています。またこれまで、内親王殿下の先生方やお友達のお母様方が妃殿下と温かく自然に接していただいてきていることも、妃殿下にとり大きな力になっています。妃殿下は、こうした温かい人間的な触れあいをとても大切に思われて心から感謝されていらっしゃるご様子であり、このことがご快復に向けての大きな力になってきていることからも、ぜひこうしたご活動を大切にしていっていただきたいと考えております。また、人間的な触れあいという意味で、国民の皆様が温かい目で見守ってくださっていることも妃殿下のお心の支えとなっていると拝察しております。

 (ト)妃殿下ご自身のご友人との交流も、妃殿下のお心の健康にとりまして、とても大切です。東宮職医師団は、妃殿下が、皇太子妃というお立場もあって自由にご友人にお会いになる機会が少なくなっていたことも心のバランスを崩される一因になっていたと考え、そのような交流を増やし発展させていっていただくようにお勧めして参りましたが、今後もそうしたご関係を大切にしていっていただきたいと考えております。 

 (チ) 運動など体を動かされるご活動を通してご体調を整えられ、気力や体力の充実をはかっていただくことも大切ですので、そうしたご活動をこれまでのように続けていっていただければと考えております。

               ◇

 妃殿下は、皇太子妃としての立場や責任の重さを深く認識されていて、復帰のために懸命に努力され、ご治療開始以降、長い目で見ますと、ご病状は大きく改善してきていらっしゃいます。ただ、これまでのストレス状況やご闘病が長期にわたっていらっしゃることを考えますと、ご活動の幅を更に大きく広げていただくまでには、さらなる時間が必要であると考えられます。

 従いまして、妃殿下には決して焦られることなく、現在のご活動を時間をかけて着実に継続していっていただきたいと考えております。その過程では、妃殿下が一つ一つ努力され、工夫され、試行錯誤を繰り返される場面もあるかと思いますが、これはご快復に向けてのご治療を進めていく上で必要なものでもあります。国民の皆様におかれましては、こうした治療上の配慮と、前向きにかつ真摯に努力しようとされている妃殿下のお気持ちをぜひご理解いただき、引き続き長い目で温かく見守っていただくようご協力をお願い申し上げます。

 =(完)

【関連記事】
雅子さまご体調「医師団見解」全文(上)
天皇陛下「夜のご執務」相次ぐ 書類が来ない…
「天皇陛下は江戸城より京都・広島に」亀井氏が進言
皆様の温かい気持ち、大きな支え 雅子さまご感想全文
【皇太子さま誕生日会見】(3)雅子さま、公務ご復帰の見通しは?

介護疲れで親殺害、懲役4年=減刑求める嘆願書を「評価」-岐阜地裁(時事通信)
カーナビ物色で現場に 名古屋ひき逃げ、同乗者供述(産経新聞)
<多額窃盗>国内20~30件関与か…香港で逮捕の爆窃団(毎日新聞)
雑記帳 モーグルコースをイメージしたカレーはいかが(毎日新聞)
トラック、バス9万台リコール=エンジン止まる恐れ-三菱ふそう(時事通信)

<クレヨンしんちゃん>最終回を掲載 臼井儀人さん死去で(毎日新聞)

 漫画家の臼井儀人さんが09年9月の死去前に描いた最後の「クレヨンしんちゃん」が5日発売の「月刊まんがタウン」に掲載された。「しんちゃん」は90年に連載が始まり、今回の第1126話が最終回となった。同誌編集部は続編を検討中。テレビアニメや映画は今後も製作される予定。

【関連ニュース】
注目リリース:バンダイナムコ、DS用ソフト「クレヨンしんちゃん」の早期購入者特典を発表
埼玉県:観光サイトでアニメのカルトクイズ 「らき☆すた」など
クレヨンしんちゃん:臼井儀人さんの遺稿発見 連載3カ月延長
「しんちゃん」作者・臼井さん、不慮の死=佐藤雅昭
ジェロ:初主題歌に「しんちゃんのお陰」 「オタケベ!カスカベ野生王国」初日舞台あいさつ

石川県輪島市で震度4(時事通信)
民主高嶋氏、石川議員の処分「今は考えず」(産経新聞)
<平城遷都1300年祭>入札工事6件、くじ引きで落札--奈良(毎日新聞)
フリーター議員、実は資産家だった! 資産公開で判明(産経新聞)
格安タクシー5社が提訴へ 運輸局の走行250キロ規制(産経新聞)

強姦致傷罪で男に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)

 知人女性に性的暴行を加えたとして、強姦致傷などの罪に問われた兵庫県加古川市の無職、高原雅弥被告(32)に対する裁判員裁判の判決で、神戸地裁姫路支部(五十嵐常之裁判長)は5日、懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。
 被告側は合意があったなどとして、強姦致傷罪ではなく傷害罪の適用を主張したが、判決は「怖くて抵抗できなかったという被害者の供述は自然で信用できる」として退けた。
 判決後の会見で、性犯罪を審理する裁判員の男女構成について、裁判員からは「事件ごとに考慮するのは難しい。今回は十分審理できた」「あまり偏らない方がいい」などの意見が出た。
 判決によると、高原被告は昨年7月、同県高砂市内で知人女性をナイフで脅して暴行し、約1カ月のけがを負わせた。 

<陸山会土地購入>小沢氏不起訴へ、石川議員ら3人4日起訴(毎日新聞)
同盟深化めぐり日米が局長級協議(産経新聞)
不審死の大出さん、現場到着時は昏睡状態?(読売新聞)
未成年者の喫煙事情 甘い社会的規制を危ぶむ声も (産経新聞)
<囲碁>小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で(毎日新聞)

<公務員法改正案>局長級の降格盛る 実績次第、部長級へ(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は4日、今国会に提出する国家公務員法等改正案に、局長級を部長級に降格できる規定も盛り込む方針を固めた。改正案の素案では、次官級の局長級への降格を容易にする内容にとどめていたが、麻生政権が昨年提出した同改正案(廃案)には部長級への降格規定が入っており、「改革の後退」との批判を避けるため方針転換した。

 現行法は「国家公務員の身分保障」のため降格が難しい規定になっており、処分の場合に限定されていた。部長級への降格は「特例降任」として改正案に盛り込み▽他の幹部職員に比べ実績が劣っている▽他の人の方が優れた業績を上げると十分見込まれる--といったケースでも降格を可能にする方向で調整している。【小山由宇】

<雑記帳>「磁器製ひな人形」お披露目 佐賀・有田(毎日新聞)
首相動静(1月28日)(時事通信)
<名古屋ひき逃げ>運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う(毎日新聞)
隠し金?豪雨被災「萩往還」から銅銭ザクザク(読売新聞)
<小沢幹事長>地検が2度目の事情聴取…1月31日に都内で(毎日新聞)

「朝青龍引退に異議あり」 三木谷、ホリエモン、杏野はるな…(J-CASTニュース)

 大相撲の横綱朝青龍が「暴行事件」の責任を取る形で引退を表明した。スポーツ紙やテレビ、ネットでは相撲界引退は当然だとし、バッシングが相次いでいる。しかし、それでも朝青龍の引退に異議を唱えたり、「被害者だ」として擁護したりする人も少なくない。例えば、樂天の三木谷浩史社長は、「結論ありきで引退を拙速に進めすぎた」と相撲協会批判とも取れるつぶやきを「ツイッター」で発信している。

 とにかく朝青龍はトラブルまみれで、これほど横綱としての「品格」を問われ続けた力士はいなかった。夏巡業を休場してモンゴルでサッカーに興じ、出稽古ではプロレスまがいの技をかけて、けがを負わせる。土俵では対戦力士のまげを掴み横綱初の反則負け。ガッツポーズや睨み合いなどで何度も厳重注意を受けた。報道陣に対しても「死ね! このヤロー!」と言ったという騒動も起こした。その度に「引退」「解雇」などの文字が躍った。

■「やんちゃをマネージメントできない日本はダメになる」

 しかし、誰もが朝青龍を嫌い、引退を喜んでいるわけでもない。擁護したり、同情したり、引退を惜んだりする人もいる。

 樂天の三木谷社長は10年2月5日に「ツイッター」で、

  「どんな人間が彼を引退に追い込んだか、みなさんもそれを考えて欲しい」

とつぶやいた。暴行事件が起こった経緯と事情をしっかりと調査しなければならないのに、今回は結論ありきで「引退」を拙速に進めすぎた。ジョンマッケンローを追放しなかったウィンブルドンの例もあり、もう少し優しさと寛大さがあれば、違った結果になったというのである。

  「ああいうやんちゃをうまくマネージできないと日本は駄目になる」

とつぶやいている。

 ホリエモンこと堀江貴文さんは10年2月5日付けのブログで、朝青龍が引退し相撲も寂しくなる、と書いた。そして、日本人力士のヒーローがほしいと言う人に、

  「他の国からきてくれた横綱をみんなでよってたかって虐めるような相撲界に自分から入っていこうなんて思う奴がどれくらいいるだろうかね?」

と疑問を投げかけた。完全無欠の品行方正を求められても面倒くさくてやってられない、と思うのが普通で「報道する側や相撲関係者も、素行の悪さをある程度見許してやらないと、いつまでたっても つまらんやつしか相撲界には入っていかないだろうな」と感想を述べている。

■「昔の力士やプロレスラーはもっと暴れん坊」

 タレントの杏野はるなさんも10年2月5日付けのブログで、朝青龍が起こした事件について、

  「アントニオ猪木さんのビンタくらい光栄に思ってしまうかもしれない」

と述べ、擁護した。品格は必要だが、豪快なほうがエンタテインメントとして面白いし、昔の力士やプロレスラーはもっと暴れん坊で、女性関係やお酒等に関してもそうだったと聞いている、とし

  「不況の時代は誰かを叩くことで自分の安心を得れるのだろうかなあ」

と嘆く。

 デーモン小暮閣下さんはブログで、「実に残念な結果になった」と書いた。これだけのスター選手が、体力気力の限界とは別の理由で引退しなければならない、という理由からだ。外国人力士には日本の文化や美徳を今以上に重きを置いて叩き込む必要があり、朝青龍はそれを深く理解できないまま番付が上がってしまった。「減俸」と「執行猶予つき引退勧告」処分が適当だというのだ。

  「身近に暴走を諌める人がいなかった朝青龍は ある意味かわいそうな存在(被害者)であったとも言える」

と結んでいる。

 女優の杉田かおるさんはブログで、朝青龍と初めて会ったのが10年前で、高砂部屋でちゃんこ鍋を作ってもらってからずっと応援してきた、と明かした。今回の引退は相当ショックだったようで、

  「素晴らしい力士です !!  淋しくて多分一生もう相撲は観ないかもしれない しょぼん」

と書いている。ただし、このブログ記事は、10年2月5日の昼頃までは存在したのだが、なぜか夕方には削除されていた。


■関連記事
朝青龍が引退表明 協会の温情で解雇は回避? : 2010/02/04
「婚活殺人」被害男性「ブログ」に 「逮捕よかったね」コメント相次ぐ : 2010/02/03
「ハイチに千羽鶴贈ろう」 被災者喜ぶのか、迷惑なのか : 2010/01/27
結婚式に「芸能人からのメッセージ」届けます! その正体は… : 2010/01/29
50がらみのボスがハマった「ツイッター」 : 2010/02/05

町村会会長逮捕は遺憾=平野官房長官(時事通信)
「許す。被害届出さない」 朝青龍側が警視庁に示談書提出 示談金も明示(産経新聞)
<缶飲料>岐阜産使い「静岡茶」表記…製造会社を行政指導(毎日新聞)
小池百合子氏が「ラーメン大好き小池さん」に(スポーツ報知)
介護職員は「当たり前の感覚を持って」(医療介護CBニュース)

<iPS細胞>米ベンチャーが作成特許…海外で初の取得(毎日新聞)

 米ベンチャー企業アイピエリアンは28日、さまざまな細胞になるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作成に関する特許を英国で取得したと発表した。再生医療をめぐる主導権争いが激しくなりそうだ。

 英科学誌ネイチャーによると、各国の研究機関から75件以上の関連特許が出願されている。すでに認められたのは、山中伸弥・京都大教授の開発に基づく日本での特許のみ。無審査の南アフリカを除き、海外でiPS細胞関連の特許が成立したのは初めて。

 同社によると、今回の特許は、出生後のヒトの細胞に三つの遺伝子を導入して作ったiPS細胞。バイエル薬品(大阪市)が開発し、親会社が特許の権利をアイピエリアンの前身アイズミ・バイオに譲渡した。【須田桃子】

【関連ニュース】
神経細胞:皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国
ES細胞:がん抑制遺伝子がスイッチの役割と発見
iN細胞:iPS細胞を開発した山中伸弥・京都大教授の話
放医研:iPS細胞に変化の瞬間をキャッチ 世界初の成功
理系白書’10:挑戦のとき/20 アスビオファーマ副主任研究員・服部文幸さん

2次補正今夕成立 亀井氏「うるさい」発言で参院予算委理事会紛糾(産経新聞)
東海道新幹線の停電、運転再開めどたたず(読売新聞)
八王子スーパー3人射殺 犯人の足跡と同じ靴底の靴公開(産経新聞)
民主・山岡国対委員長、首相の施政方針べた褒め 「国民の立場の演説」(産経新聞)
死に向かう志士、寺田屋と近江屋 龍馬ゆかりの地を行く(産経新聞)

接種後死亡症例で初の「関連あり」報告―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月29日、新型インフルエンザワクチン接種後の死亡例のうち、主治医がワクチン接種と死亡との間に「関連あり」とした初めての報告があったと発表した。死亡したのは、新潟県の80歳代の女性で、脊椎後湾症、高血圧症、連合弁膜症の基礎疾患があった。

 女性は26日のワクチン接種後30分間は副反応が見られなかったが、接種約40分後、帰宅途中で路上に倒れ、応答のない状態で発見された。その後、自動体外式除細動器を使用するなどしたが、「電気ショック不要」との応答があった。さらに、気管内挿管下で心肺蘇生などを開始し、救急車で医療機関に搬送したものの、死亡が確認された。

 主治医の報告では、「臨床医経験の範囲内」で、暖房下の室内から寒冷の戸外へ出たことによる致死的不整脈や、潜在の深部血栓による肺塞栓の可能性も否定できないとされた。一方で、倒れたのがアナフィラキシーショックを起こしやすい接種後30分を少し過ぎた時間とみられることから、ワクチン接種との因果関係がある可能性もあるとして、「関連あり」と報告したという。

 医薬食品局安全対策課の佐藤大作・安全使用推進室長は29日の記者会見で、「これまでも、接種当日に心不全を起こした死亡例の報告もある。(今回の事例と)似たようなものもある」と指摘した。一方で、「われわれが因果関係を評価できるわけではない」とも述べた。
 接種後の死亡例の報告は27日までに117例。今回の事例以外はすべて「関連なし」か「評価不能」と主治医が報告している。

 今後は第三者の専門家が、ワクチン接種と死亡の関連性について評価を行うという。


【関連記事】
インフル定点9.03、8週ぶり増加
臨時接種の新類型創設へ―インフル対策で予防接種部会
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」-長妻厚労相
副反応0.01%で変わらず―新型ワクチンで厚労省
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル

800円へのアップ検討=最低賃金で厚労、経産チーム初会合(時事通信)
【中医協】「夜勤72時間ルール」で四病協のアンケート結果を報告―西澤委員(医療介護CBニュース)
<名古屋食肉公社>保証金15億円回収不能 支払先破産状態(毎日新聞)
JAL問題で検証チーム=民主(時事通信)
首相、29日に施政方針演説=3党国対委員長が合意(時事通信)

未納保育料と相殺可能に=子ども手当で市長会決議(時事通信)

 全国市長会(会長・森民夫新潟県長岡市長)は27日の理事・評議員合同会議で、2010年度から導入される子ども手当に関する緊急決議を採択した。手当額と未納保育料などを自治体の判断で相殺できる措置の導入や、11年度以降は財源を全額国が負担することを求めた。 

秋葉原殺傷・加藤被告、胸の内語るか…初公判(読売新聞)
<3月失職予定者>6440人増加 パートが過去最多に(毎日新聞)
<ヤジ問題>「うるさいから、うるさいと」…亀井氏退かず(毎日新聞)
政治資金規正法、連座制導入へ改正を…総務副大臣(読売新聞)
<八王子射殺>犯人履いていたスニーカー公開(毎日新聞)

遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟-新潟(時事通信)

 新潟県の50代女性が汚染された血液製剤を投与されC型肝炎に感染したとして、国を相手に薬害肝炎救済法に基づく給付金を受ける権利の確認を求めていた訴訟は1日、新潟地裁(森一岳裁判長)で和解が成立した。
 女性はカルテが残っておらず、肝炎ウイルスの遺伝子型と担当医の証言を証拠として、製剤投与と発症の因果関係を主張していた。女性は同法に基づき1200万円が支給される。
 弁護団によると、ウイルスの遺伝子型を証拠提出して認められた例は珍しいという。
 女性は1989年、県内の病院で出産した際に出血し、血液製剤フィブリノゲンを投与された。
 同病院にはカルテが残っておらず、女性は病院で肝炎ウイルスの遺伝子型検査をした結果、日本に存在しない型で、外国製血液製剤による感染の特徴とされる「1a」と判明した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
試験管内で「体内時計」=細胞分化で発生
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待

規正法改正案、3月にも策定=今国会成立目指す-民主(時事通信)
【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定(医療介護CBニュース)
ハイチPKOに自衛隊派遣=大地震被害に7000万ドル支援へ-平野官房長官(時事通信)
最終弁論で“紙芝居”裁判員は「レベル高くない」(読売新聞)
元課長ら4人再逮捕=広島ガス子会社の架空取引-県警(時事通信)
プロフィール

Author:ミスターふみおあべ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。