スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さに強いぞ岩手県人、最も寒がり秋田県人(読売新聞)

 岩手県人は寒さに強い――。気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)が行った調査で、そんな分析結果が出た。

 冬場に着込む防寒着やマフラーなどの数を比較したところ、岩手県人が全都道府県で最も薄着だった。

 調査は先月21~23日、全国の6767人を対象に、携帯サイトを通じて行った。調査当日に着ていた服やマフラー、耳当てなどの数を調べ、その日の朝の気温との相関性を分析した。

 その結果、調査対象全体から同社が算出した衣類の標準個数に比べ、岩手県はマイナス0・94個で、同じ気温であれば、全国平均よりほぼ1枚薄着でいることがわかった。和歌山県がマイナス0・74個、沖縄県がマイナス0・67個で続いた。

 逆に、全国で最も寒がりだったのが秋田県(プラス1・16個)で、3位に山形県(同1・06個)が続き、同じ東北地方でも両極端の結果となった。

 コート購入時の平均価格の調査も行われ、1位の東京都(2万847円)に対し、岩手県は1万3350円で30位だった。

<津市長選>24日告示 新人・岡野氏と現職・松田氏立候補(毎日新聞)
3人乗り漁船、北海道白糠沖で消息絶つ(読売新聞)
敗北受け「日本らしい保守」掲げる=新綱領を採択-自民(時事通信)
誤投与で80歳代男性患者死亡 愛媛県立新居浜病院(産経新聞)
太宰治に井伏鱒二、徳富蘇峰も…御坂峠遠望「まるで注文どうり」の富士山(産経新聞)
スポンサーサイト

FX脱税で高級マンション、初公判で事実認める(読売新聞)

 外国為替証拠金取引(FX取引)の利益などを隠し脱税したとして、所得税法違反に問われた埼玉県川口市上青木西、非鉄金属販売業磯貝清明被告(32)の初公判が27日、さいたま地裁(佐藤基裁判官)であった。

 磯貝被告は「あっている」と起訴事実を認めた。

 起訴状によると、磯貝被告は2005~06年のFX取引などによる利益計約4億5000万円を隠して税務署に申告し、所得税計約1億6000万円を免れたとしている。

 検察側の冒頭陳述によると、脱税で得た金は、都内で借りるマンションの月65万円の家賃などに充てたという。

郵便不正事件 厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
HVに接近通報装置義務化へ=「静か過ぎて危険」の指摘-疑似エンジン音など(時事通信)
普天間移設、法的決着も=官房長官が可能性に言及(時事通信)
介護ロボット、現場の手助けまで「あと一歩」(医療介護CBニュース)
八王子のスーパー射殺事件、犯人の靴を特定(読売新聞)

外国人参政権への反対明言=亀井氏(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は22日午前の衆院予算委員会で、永住外国人に地方参政権を付与する法案について、「国民新党も、わたしとしても反対だ」と改めて反対を明言した。小池百合子氏(自民)に対する答弁。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

足利再審 録音テープ再生 メディア公開阻む「目的外使用禁止」(産経新聞)
<春闘>労使が初交渉 賃金より雇用確保優先(毎日新聞)
「後悔の日々…」飲酒ドライバー20人の文集(読売新聞)
<彬子さま>皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)
小沢氏が「世界の注目指導者」第3位(スポーツ報知)

鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」(産経新聞)

【鳩山ぶら下がり】(26日夕)

 鳩山由紀夫首相は26日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題が焦点となった同県名護市長選で初当選した稲嶺進氏が面会を望んでいることについて、「お会いできるときにお会いしたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【普天間飛行場移設】

 --普天間飛行場の移設先について、平野博文官房長官が「地元の合意かどうかは別の問題」として、5月末までに地元の合意が得られなくても仕方がないとの認識を示している。首相は地元自治体との合意も含めて、5月末までに結論を出すべきだと思うか

 「官房長官が合意を得られなくても仕方がないというふうに申しているとは思えないんですが、私は名護の市長選挙が行われたと。その結果が一つの民意であることは間違いありません。そのことも大事にしながら、沖縄県民の一つの意思の表れだと受け止めて、そのことも含めて、アメリカとのすり合わせもしなければなりません」

 「どの移設先が一番望ましいかと、沖縄県民とアメリカとも理解が得られるかということもしっかりと議論して、5月末までに必ず結論を出すと申し上げているわけでありまして、そこのところはいささかも私は違いがないと前から申し上げているとおりです」

 --一連の官房長官の発言が沖縄の反感を高めているようだが、真意をただす考えはあるか

 「うん? それはあなた方がいろいろと質問されて、あるいは必ずしも理解が行き届かなかったところがあるかもしれません。問いただすつもりはありませんし、これは最終的に政府が決める、すなわち私が責任をもって政府としてアメリカとの間のすりあわせの中で、日本、特に沖縄県民の意思も尊重して、理解を求めていくというプロセスがありますから、そこはいささかも違いはありません」

 --官房長官は今日、地元との合意が要るケースと、要らないケースがあると。「法律的にやれる場合もある」と述べ、場合によっては法的措置もやむを得ないという認識を示している。どう考えるか。場合によってはやむを得ないか

 「私は何度も申しあげているように、やはり、名護市民、沖縄県民の理解も求めて、最終的な結論が出されるべきだと思います。そういう意味では、どういう趣旨で官房長官が申したか分かりませんが、お互いのある意味での最終的な移設先の決定に関しては、みんながこれならば理解できるねというものを何としても作らなければならないと。その一つだと私は理解しています。したがって、どのような趣旨で官房長官が申したか分かりませんが、そんな強引なやり方ではなくて、理解を求めるように当然、行いたいと思っています」

 --名護市長選で当選した稲嶺氏が、首相への面会を希望しているが、会う考えがあるか

 「私は基本的に首長さん、特に市長さんでも知事でも、当然お会いできるときにお会いしたいと思います」

 【小沢氏土地疑惑】

 --参院予算委員会で小沢一郎民主党幹事長の10億円の不動産所有に関して、前原誠司国土交通相が「政治資金で不動産を買うべきではない」と断言していたが、同じ考えか

 「うん。これは質問が間違っているんであって、資金管理団体ではもう、平成19年で買えなくなっているわけです。買えなくなっているから、みんなそのことを前提にして申し上げているわけでありまして、みんな同じ発想です」

 【米国の金融規制】

 --オバマ米大統領が、21日に発表した金融規制策を受けて、先週末から株安、円高基調が続いているが、日本経済に与える影響をどう考えるか。日本政府が米国と連携する可能性はあるか

 「これはオバマ大統領の金融機関に対する規制策は、おおむね海外も含めて好感を持たれていると思ってます。ただ、やはり、金融機関には厳しいということになるわけですから、アメリカを中心に金融機関をはじめ、大変、株が下がったりドル安になったり、結果として円が上がる状況になり、その円高が株安という影響を与えていると思っています。しばらく私は様子を見ることが正しいと思っておりまして、今すぐに何らかの対策を講じるというつもりはありません」

 【春闘】

 --春闘が本格的にスタートし、連合が定期昇給の維持を主張している。首相の考えは

 「それは、連合さんのお考えとすれば理解できる。そう思います。ただ、現在の経済状況、そう簡単ではない。経営者の皆さん方にとってみて、簡単に昇級できる状況ではないかと思っていますが、当然、春闘でそれぞれの立場でご主張しながら、最終的にお互い同士が意見を交換しながら結論を出していくということになると思ってまして、私から今、どうするということを申し上げる立場ではないと思います」

【関連記事】
鳩山首相はどっちの味方? 10春闘で「昇給簡単ではない」
鳩山首相、「どうぞ戦って」発言撤回せず 参院予算委審議スタート
衆院予算委における鳩山首相の答弁詳報
鳩山首相「党代表として結論出す」 小沢氏の参考人招致
鳩山首相、名護市長選の結果受け米軍移設「ゼロベースで検討」

<元看護師殺人未遂>時効前、遺留品から60歳前後の男浮上(毎日新聞)
大阪市職員61歳、ガム噛み窓口対応 厳重注意処分(産経新聞)
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
首相動静(1月19日)(時事通信)
<風車訴訟>早大賠償を大幅減「つくば市過失大」 東京高裁(毎日新聞)

「大寒」なのに体感は春、早くも梅が開花(産経新聞)

 一年で最も寒いとされる二十四節気の一つ「大寒」の20日、日本列島は移動性高気圧に覆われて午前中から気温が上がり、大阪市中央区の大阪城公園では早くも梅の花が咲き始め、暦とは裏腹に春の陽気に包まれた。

 大阪管区気象台によると、大阪市内の最低気温は3月上旬並みの4.0度。最高気温は平年より8度も高い4月上旬並みの17度と予想されている。兵庫県洲本市でも、最低気温が5.2度と3月下旬並みの暖かさとなった。

 大阪城公園の天守閣東側の梅林では、早咲きの梅がちらほらと花をつけ、観光客らがコートを脱いで散策する姿もみられた。この陽気は21日ごろまで続き、その後は冬型の気圧配置となり平年並みの寒さに戻るという。

【関連記事】
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ
ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地
“黒いスズメ”天保山に出没し話題に 大阪
復元運行決定のSL「C61」、修復作業に向け搬出 群馬
北海道でパラシュート降下訓練 陸自第1空挺団

日教組 きょうから教研集会 消えた「対決姿勢」 地方組織と温度差(産経新聞)
ルイ・ヴィトン大阪心斎橋店、ガラス割られ35点盗まれる(産経新聞)
小沢不動産事件で首相「起訴がないこと望む」(産経新聞)
民主党大会が開幕へ=事件から一夜、首相あいさつへ(時事通信)
鳩山首相が強調「戦うという以上逃げない。国民にも必要な説明する」(産経新聞)

雅子さま、震災被災者への思い強く 地方への公式訪問は2年ぶり(産経新聞)

 皇太子妃雅子さまが17日、2年ぶりに地方への公式訪問を果たされた。皇太子さまとともに阪神・淡路大震災15周年追悼式典に出席、震災遺族との懇談にも臨まれた。雅子さまは、震災で肉親を失った人々の話を、真剣なまなざしでお聞きになっていた。

 療養を続けている雅子さまが、大勢の人々との懇談に臨まれるのは最近ではあまり例がない。宮内庁関係者によると、雅子さまはご体調が急に回復したわけではないというが、今回の追悼式典への出席には強い意欲を示されていたという。

 「震災のときのことは覚えていますか」。雅子さまは、3歳のときに震災で父を亡くした小島汀さん(18)に、こう声をかけた。

 当時のことはおぼろげな記憶しかないというが、小島さんは被災経験から、防災について学べる兵庫県立舞子高校環境防災科に通っている。

 小島さんから今後の進路などを聞いた雅子さまは、「お父さんが見守ってくれているでしょうね」と声をかけた。小島さんは「私の言葉を一つひとつ受け止めてくださって、うれしかったです」と話した。

 追悼式典で遺族代表として言葉を述べた松浦潔さん(56)は、雅子さまから「今の生活はいかがですか」と声をかけられた。まだ小さい孫の話をすると、雅子さまは笑顔を見せられたという。

 松浦さんは「ご夫妻は真剣に私の目を見て話してくださった。私たちのことを本当に心配されているのだと思う」と話していた。

【関連記事】
皇太子ご夫妻、震災15周年式典にご出席
阪神大震災犠牲者6434人を永遠に忘れぬ モニュメント50カ所
阪神大震災で建物倒壊跡地 5年前とほぼ同じ
阪神大震災モニュメント回り追悼サイクリング 神戸
わが街KOBEを守れ 企業独自の防災訓練

ハイチ大地震 「72時間」経過後も奇跡の生還相次ぐ(産経新聞)
チンパンジーは自分の名前を判別(産経新聞)
小沢氏に説明促す=首相(時事通信)
2次補正、月内成立に全力=政府・民主(時事通信)
「闘って」発言、問題ない=官房長官-菅氏も擁護(時事通信)

<広島女児殺害>4月8日に初公判 ヤギ被告差し戻し審(毎日新聞)

 広島高裁は18日、広島市で05年、小学1年の木下あいりちゃん(当時7歳)を殺害したとして殺人罪などに問われたペルー国籍の無職、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(37)の差し戻し審の初公判が4月8日に決まったと発表した。

 同高裁は08年12月、無期懲役とした1審・広島地裁判決(06年7月)を「審理不十分」として破棄し同地裁に審理を差し戻した。被告が上告し最高裁は09年10月「地裁の訴訟手続きに違法はない」として高裁判決を破棄し、審理を高裁に差し戻していた。

全精社協事件初公判 会長ら補助金流用認める「厚労省も了解」(産経新聞)
中堅ゼネコン、小沢氏側に“資金提供” パー券購入も出席ゼロ(産経新聞)
青森ねぶた師 収益確保目指し研究所発足、後継者難克服へ(毎日新聞)
土地購入事件 閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
センター試験 問題訂正漏れぬよう受験生“軟禁”(産経新聞)

日本政府の医療チーム、ハイチの被災地到着(読売新聞)

 【レオガン(ハイチ南部)=浜砂雅一】ハイチ地震の被災者支援のため、日本政府が派遣した国際緊急援助隊の医療チームが17日夕(日本時間18日朝)、首都ポルトープランスの西約40キロにあるレオガンに到着した。

 医療チームは医師4人、看護師7人、薬剤師、診療放射線技師各1人など計26人。看護学校の敷地内にテントを設営し、18日午前にも医療活動を始める。少なくとも27日まで活動する。同校の正面広場には自宅を失った多数の被災者が野外生活を強いられており、援助隊への期待が高まっている。

 レオガンは人口約10万人。首都に比べて支援活動の遅れが指摘され、日本、ハイチ両政府などの調整で援助隊の活動地に選ばれた。

センター試験 敵は不況と新型インフル(産経新聞)
<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)
消防士長が部下殴る 東京消防庁、停職6カ月 「指示に従わず」(産経新聞)
<強盗>名古屋の吉野家 食事の後に3万円奪い逃走(毎日新聞)
<防衛省>「うそ発見器検査」明記 隊員から誓約書(毎日新聞)

平野官房長官、内閣官房の人事刷新を検討(産経新聞)

 平野博文官房長官は14日の記者会見で、鳩山由紀夫首相らを補佐する内閣官房の態勢について「基本的なところは人事を変えるという考え方で検討している。新しい政権になったという意味で人心(一新)していく」と述べ、18日召集の通常国会前までに人事を刷新する考えを示した。

「酒に酔って魔差した」巡査長がアイス5個万引(産経新聞)
「石川議員に頼まれ証拠隠した」 元秘書が自民勉強会で告白(産経新聞)
<リコール>「エクスプローラー」1万3729台(毎日新聞)
結婚詐欺・連続不審死 木島容疑者を送検 カーディガンかぶり表情うかがえず(産経新聞)
鉄人28号見てるよ 追悼サイクリング(産経新聞)

地域での介護、「保険だけでは収まり切らない」―宮島老健局長(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の宮島俊彦老健局長は1月15日の「全国厚生労働関係部局長会議」で、来年度の新規事業である「市町村地域包括ケア推進事業」などについて説明した。この中で、地域での介護をめぐる現状について、「介護保険だけではなかなか収まり切らない。見守りの利用や配食サービス、認知症の早期発見など、いろいろな問題が出てきている」との認識を示した。その上で、「それを介護予防と併せてどうやっていくかということも、一つの課題になっている」と指摘した。

 市町村地域包括ケア推進事業では、介護保険外のサービスや住宅に関する情報などの収集・発信機能を強化する事業や、「見守り」など地域のネットワークを構築する事業などを、来年度は全国50の市町村で実施する。宮島局長は「いずれは他の市町村でも取り入れていただくことになるかもしれない」と述べ、2011年度以降の事業の拡大に含みを持たせた。

 また宮島局長は、昨年12月に発表された特別養護老人ホーム(特養)の入所申し込み者数が約42万人に上るとの調査結果を示し、「各県それぞれの事情を踏まえての整備をお願いしたい」と要望。その上で、「特養だけではなく、地域ケアやケア付きの高齢者住宅など、総合的な観点でこれからの計画を立てることが必要」との認識を示した。

 このほか、要介護度は低いが、見守りなどの支援が必要な低所得の高齢者に対応した「都市型ケアハウス」(仮称)の創設や、介護施設内に保育所の整備を進める新規事業などについて説明した。


【関連記事】
介護職員処遇改善交付金の申請率は80%に―厚労省
25年には労働力人口の1割が医療・介護に必要―宮島老健局長
次回介護報酬改定時に大規模制度改革も
前年度比3.9%増の1兆7785億円―来年度老健局予算案
医療・介護に11兆円―来年度予算案で厚労省

火災 桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼(毎日新聞)
鳩山首相 「青年の船事業」参加者と面会 「友愛」を強調(毎日新聞)
福島県産リンゴを「山形・朝日町産」 台湾でブランド無断使用(河北新報)
インフル定点9.18、3か月ぶり注意報レベル下回る(医療介護CBニュース)
法制局長官、通常国会冒頭から答弁禁止 官房長官(産経新聞)

<大茶盛>初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)

 奈良市西大寺芝町1の西大寺で15日、新春恒例の「初釜大茶盛(おおちゃもり)式」があった。参拝者らは直径約35センチ、重さ約5キロもある大きな茶わんを協力して持ち、初釜の茶を楽しんだ。

 鎌倉時代に同寺を中興した僧、叡尊(えいそん)が、正月の法要の後、寺の鎮守社に献じた貴重な茶を多くの参拝者に振る舞ったことに由来する。戒律で「酒盛」ができない僧たちが茶で宴会をしたため、「茶盛」の名がついたという。

 茶席では、僧が長さ約40センチの特注の茶せんを使い、茶わんに5人分の茶をたてた。参加した人たちは、顔がすっぽりと入る茶わんを歓声を上げながら口元に運んでいた。【花澤茂人】

【関連ニュース】
寒みそぎ:ふんどし一つで来年の豊作を祈願 福岡・前原
大根だき:師走に熱々ほおばり病よけ…京都・千本釈迦堂
クリスマス:信仰、家族だんらん、恋人たちの夜――聖夜の今昔を振り返る
発掘調査速報展:県内28遺跡の出土品 下佐野の墨画土器も初公開--富山 /富山
京の仏像:/10 吉祥天立像 浄瑠璃寺 /京都

社民・福島氏「小沢氏は説明を」(読売新聞)
【揺らぐ沖縄】名護市長選告示まで1週間 容認でも反対でも普天間に「壁」(産経新聞)
首相動静(1月16日)(時事通信)
<殺人容疑>女性刺した男逮捕 静岡・富士(毎日新聞)
小沢氏の公設第1秘書・大久保被告を逮捕(読売新聞)
プロフィール

ミスターふみおあべ

Author:ミスターふみおあべ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。